ロゴ

リーズナブルな価格でできるのが会費制結婚式最大の魅力

>お役立ち情報>お客さんに負担にならない〈会費制の結婚式が選ばれている理由〉

お客さんに負担にならない〈会費制の結婚式が選ばれている理由〉

結婚式

アットホームなパーティー

結婚式で御祝儀ではなく会費を集める会費制はカジュアルなウェディングパーティーを開くことができます。従来の結婚式と比べるとアットホームな雰囲気で費用を抑えることができますし、会費によっては従来の披露宴のようなおもてなしをゲストにすることができます。リゾートウェディング後の披露宴として会費制を取り入れることもできますし、立食形式やビュッフェといったカジュアル雰囲気のパーティーにすることも可能です。御祝儀は一般的に3万円以上からになりますが、会費制には1万円前後のためゲストへの負担を減らすことも可能です。従来の御祝儀制ではゲストからいただく総額は披露宴が終わるまでわかりませんが、会費制にすると金額が一律なため人数によって総額を計算でき、自己負担額が事前にわかります。

新郎新婦

会費の設定に合わせて選ぶ

会費制のカジュアルな結婚式を選ぶときには費用で選ぶことができます。カフェを選べば行きつけのお店や雰囲気で選ぶことができます。立食ビュッフェを選ぶときにはレストランが一般的です。カフェやレストランは会費を1万円未満といった比較的リーズナブルな会費制設定をすることができます。レストランやカフェでは持ち込みが自由な場合が多く、テーブルコーディネートやドレスなども自前で用意できることが多いです。カジュアル感ときちんと感を合わせ持ちたいときには着席フルコースを利用できるレストランがおすすめです。会費は1万円以上から利用することができ、披露宴よりはカジュアルですが結婚式の二次会の雰囲気を出すことなく、きちんとした雰囲気を出すことができます。従来の披露宴なみのおもてなしをしたいときには会費を1万5千円以上に設定し、着席フルコースをおもてなしできるレストランやホテルを利用します。